075-312-3221

(受付時間 9:00 ~ 17:00)

NEWS

お知らせ

お知らせ 2018.8.2

【お知らせ】ちょっと待ってください!その地盤改良工事。

今では新築住宅を建てるのに必要な地盤調査。

人間が見ることが出来ない地中を様々な調査機械を駆使して調べて、軟弱地盤の場合は不同沈下事故を防ぐために地盤改良工事を行います。

でも…

その地盤解析(調査結果))は正しいのでしょうか?

曖昧な地盤解析であったり、過剰な地盤解析であったり

また、地盤改良工事も適切に施工されているのでしょうか?

木造戸建住宅での地盤改良工法の多くは、”湿式柱状改良”とされ、固い地層まで穴を開けてコンクリートを流し込み、コンクリート柱状杭を形成して不同沈下を防ぐものです。

しかし、適正な地盤解析・地盤改良がされていたとしても、そのコンクリートは”地中埋設物”とされ、土地の売買や建替え時には取除く事が求められるのです。

どちらにしても、不動産価値の下落に繋がることになりますので、地盤改良工事は本当に必要な地盤に対してのみ行うことが良いとされています。

 

お金を払って自分の不動産価値を下げることのないように、地盤調査や地盤解析を行う調査会社を選定する必要があるのです。

 

過去のお知らせ